• トップ /
  • 自動車にかかる税金について

自動車を維持するための費用

自動車がある生活は便利ですが、維持するためには様々な費用がかかります。その中の一つが税金です。一言に税金といってもいくつかの区分があり、所有している自動車の排気量や重さなどによって課せられる金額は変わってきますが、その中でも一年に一回必ず納めなければならないものが自動車税です。これは毎年5月1日に自動車を所有している持ち主宛に課せられる税金で、軽自動車であれば比較的安価なものの、排気量が大きなものになると、実に数万円単位のお金を支払わなければなりません。これは例え普段運転していなくても、所有しているだけで支払う義務が生じます。そのため、普段あまり運転をしない人はいきなり納付書が自宅に届いて戸惑うことがあるかもしれませんが、毎年5月になると必ず納付書は自宅に届くため、あらかじめその分の費用を準備しておくと良いでしょう。また2年に一度受けなければならない車検時には重量税を納める必要があり、これも車体の重さによって金額は変わってきます。車を手元に維持するためにはこのようにさまざまな費用が必要となりますが、あらかじめどれぐらいの金額が必要になるかを把握しておくことで、いざという時に慌てずに済みます。

自動車の基本情報

↑PAGE TOP

Menu