• トップ /
  • 自動車の運転免許取得について

自動車の運転に必要な免許

自動車を運転するようになるために必要な資格といえば、普通自動車免許です。この免許をはじめて取得するなら、教習所に通って自動車の乗り方や必要な法律や、標識の見方、公道で自動車に乗る場合のルールなどを学ぶばあいがほとんどでしょう。そして仮免許と略して呼ばれることの多い、仮運転免許を取得します。この仮運転免許をとるということは、路上で運転の練習をするための資格を得るということです。運転の練習のためにも必ず必要になりますし、本免許を取得するための、技能試験を受けるのにも必要ですから避けてとおることはできません。仮免許に合格したら、次の段階に入り、一般道路や高速道路で運転する技能や、危険を予測する能力を学習します。そして、公認の教習所に通っていたら、教習所で技能の試験を受け、免許センターの学科試験・適性試験に合格すれば、取得することになります。自動車を運転するための資格を得るためにかかる、教習所に払う費用や、受験費用などは、一般的な10代・20代の若者からしてみれば、そこそこ高く感じられることでしょう。しかし、その後も長く利用できる資格であるため、一度免許を取得してしまえば、その費用は安いものだと思えることでしょう。

自動車の基本情報

↑PAGE TOP

Menu